西洋医学と東洋医学の違い

あなたは精力剤と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。精力剤にはいくつか種類がありますが、有名なものだとバイアグラがあります。バイアグラはED治療薬という医療品で処方するには医師の診断が必要です。バイアグラには使う人にもよりますが、めまいや頭痛を起こす可能性があります。
このようにバイアグラをはじめとする西洋医学は体を臓器ごとに細かく分けて考えるため、薬も特定の病状や症状に聞くように作られています。そのため即効性は非常に優れていますが、継続的に効果が持続するわけではありません。

一方東洋医学を元に考えられて作られている漢方薬も精力剤として耳にしたこともあると思います。最近ではサプリメントタイプのものが多く出回っており、継続的に毎日摂取して体の中の根本を治療するという考え方です。「病気を治すというのではなく、病人を治す」と考えます。
漢方薬は生薬と呼ばれる植物や動物、鉱物などを混ぜ合わせた物を指し、特に良いとされている、スッポン、マムシ、マカ、ニンニク、オットセイ、サソリを使用しています。
特徴として、体内の毒素、余計にあるむくみを排出させる。血液の循環を改善させ臓器機能の向上。水分の不足、過多を調整。神経に働き、精神を安定させる効果。

これらの作用によって、身体の本来の機能を回復させて、様々な不具合を治していくというものです。漢方の考え方自体は中国発祥ですが、サプリメントは日本独自で必要な加工をして開発されたものです。