漢方精力剤〜西洋医学と東洋医学〜

漢方精力剤ときくとどのようなイメージをお持ちでしょうか。苦い・効果が弱い・少し飲みにくい・・・このようなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。しかし、近年では漢方というものが見直されてきているのです。西洋医学との精力剤と比較してみましょう。

西洋医学であるバイアグラはいわば医薬品です。医薬品であるので当然、効果ははっきりとしています。病気の原因が分かっているからそこ、そこに的を絞って適切な成分を効かせる。ただし、最大の難点は医薬品には副作用が伴うという事。

いっぽう東洋医学である漢方は、原因がはっきりしない場合でも、体内で乱れたバランス全体を整え、正常な状態へ導く効果が期待できます。
西洋医学では改善できなかった病状が、漢方のお陰で劇的に良くなったという話も実際にいくつもあります。漢方にはいまだ完全に解明されていないような神秘的な力が備わっているのです。
また、基本的に副作用が少ない点も利点でしょう。とは言いましても、水ですら大量に飲めば体に毒と言いますから、漢方にも限度があるのは言わずもがなですが。

このように、西洋医学には西洋医学の利点や欠点がありますが、東洋医学にも西洋医学に負けない利点があるという事を今回はお届けしました。