漢方精力剤の成分

漢方精力剤は、様々な生薬を組み合わせて作らえれています。そこで、今回は漢方精力剤に配合されている成分をいくつかご紹介したいと思います。

まず、漢方精力剤の成分といえばよく耳にする「マカ」という成分ですね。
このマカには、アルギニンをはじめとしたアミノ酸が16種類含まれており、カルシウム、鉄、タンパク質、亜鉛なども含まれているため、マカを服用するだけで非常にバランスよく摂取出来るため健康維持、老化予防、精力増強などに適しています。
とくに精力をサポートするのに欠かせないのがこのアルギニンと亜鉛で精力剤にはよく使用されている成分です。

次に紹介したい成分は、「高麗人参」です。高麗人参もよく耳にするかと思いますが、日本で流行するはるか前から人々の生活を支えていた素材で中国では万能薬として秦の始皇帝が好んで飲んでいました。日本でも江戸幕府の徳川家康が高麗人参を摂取していたという記録が残っているほど、高麗人参は昔から人々に愛され続けてきたのです。
そんなにも前から愛用されてきた高麗人参にはどのような効果があるのでしょうか。精力増強に効果がある成分は、“サポニン”や“ジンセノサイド”という成分で根っこの部分に多く含まれています。これらの成分はホルモン分泌を促進させたり細胞を活性化させる作用があり、精力増強や健康維持、動脈硬化を改善したりと男性には非常に嬉しい効果が期待できる成分です。

漢方精力剤には、これらの成分以外にももっと多くの種類の成分が使用されており様々な成分を調合して作られています。漢方精力剤は、生薬から作られているため副作用も出にくいと言われているため初めて精力剤を服用するという方には非常にお勧めです。