漢方の知識と漢方精力剤の選び方

漢方薬と効くと皆さんはどのようなイメージをお持ちになるでしょうか。漢方薬とは伝統中国医学の一つで、病気を身体全体の不調和ととらえて、正しく整えるのが目的です。
本来、人が持っている治す力(自然治癒力)を高め、そのサポートをすることに重点を置いています。

治療に使われる漢方薬は、草根木皮を中心に動物由来のもの、鉱物などの天然物(生薬)を組み合わせて作られています。最近では日常的に医師が漢方薬を取り入れ処方に役立てています。西洋医学の診断と共に、漢方での診断により、その人にあった漢方薬が処方されています。
医学、薬学教育の現場でも取り入れられており、現代の医療において欠かすことのできない治療法となっています。
化学的に合成された西洋薬に比べて、漢方薬は生薬が主原料となっているため副作用が少ないとされています。しかし、実際には全く副作用がないわけではなく体質や体調にも作用されます。漢方薬の作用は緩やかで、身体にかかる負担は大きくはありませんが、それは西洋薬と比較するとその発生率が低いというものです。

最近では漢方精力剤といった商品も薬局やドラッグストアでも見かけます。どういった商品を選べばいいか迷う方もいると思います。その際は、商品にしっかりと成分や分量が記入されているものを選びましょう。その上で成分を自分自身で調べ自分にあっているかを判断したほうがいいでしょう。